転ログ

3度の転職を経験している30代前半リーマンブログです。

毎朝仕事が苦痛で泣いている人へ。対処法3選

f:id:nashiblog:20210925214633j:plain

こんにちは。
毎朝、仕事が嫌で、苦痛で、耐えられず泣いてしまう人、
世の中にたくさんに居ると思います。
そんな私も、そのひとりでした。
朝を迎えることが嫌で、夜寝るのことすら嫌な日々がありました。
そんな辛い状況を、少しでも緩和できればと思いますので、
対処法を伝えていきます。
 
  1. そのまま放置してはいけない理由
  2. なぜ、泣いてしまうのか自分と向き合う
  3. 現状から抜け出すメリット
  4. 現状から抜け出さないデメリット
  5. 抜け出す対処法
  6. まとめ

 

そのまま放置してはいけない理由

「今、あなたは仕事に対し、正常な判断を出来ていますか?」

上記の問い対して、自信を持って「yes」と言えるでしょうか。

恐らく、普段から考える余裕が少ないため、「No」という回答ではないでしょうか。

仕事が辛くて、泣いているなら現状を放置してはいけません。

あなたの心は、日々のストレスで限界を迎えています。

まずは休息をとるようにしましょう。

なぜ、泣いてしまうのか自分と向き合う

あなたは、仕事の何が嫌で、辛くて泣いているのでしょうか。

一度、向き合って、しっかりと自己診断をすることをオススメします。

  • 人間関係がうまくいかない

  • 収入が低くて悲しくなってしまう

  • 仕事内容が好きになれない

  • 労働時間が長い

  • 自分のやりたいことがやれない

  • 社風が合わない

現在の職場で克服出来れば、一番良いことですが、

実際は、転職するという道を選ぶ人も多くいると思います。

その際に、次回は譲れないところとして、自分の意志をしっかりさせておくと、

失敗しない転職活動ができます。

現状から、抜け出す“メリット“

毎朝、苦痛で泣いている状態であれば、すぐにでも転職をすることをオススメ致します。

なぜなら、現状がリセットされるからです。

もちろん、何でも良いから転職するのでは意味がありません。

上記の「仕事で嫌な面や泣いてしまうほど嫌なこと」を、次では再発しないように

転職活動を行う必要があります。

新しい会社では、自分もリセットし、新しい自分と向き合うことで、

精神面でも更に大きくなれます。

現状から、抜け出さない“デメリット“

特に行動せず、現状維持して放置することだけは、必ず避けましょう。

人は、追い込まれると正常な判断が出来難い状態になります。

その結果、体調を崩し、鬱病発症の恐れが極めて高くなります。

 

私も、過去、すぐに抜け出さないといけないような会社に勤めていました。

毎日、上司から追い込まれることで、目の前のことを考えるばかりで、精一杯な状況。

落ち着いて現状を考えれば分かることでしたが、それすらも出来ない状態でした。

 

私は、まずあなたに伝えたいこと。

それは、仕事を辞めることは、悪いことではありません。

あなたが、辞めて空いた場所を埋めることを考えるのは、会社のやるべきことです。

あなたがやるべきことは、仕事の引き継ぎ業務です。

 

 

対処法3選

f:id:nashiblog:20210926203635j:plain

①嫌なことと、全力で向き合ってみる

現在、とても嫌なことと向き合っているあなた。

その反面、とても大きく成長できる良いタイミングのひとつです。

最終手段で、転職ができるため、自分の気力が持つ限り悪あがきをしてみてください。

全力で向き合うことで、新しい考え方の価値観を得られるきっかけになります。

②やりたくないことリストを作成する

次回は、同じ過ちを繰り返さないためにも対策を取りましょう。

仕事をしていて、やりたくないことは多々あると思います。

それをリスト化していたら、もちろんキリがありません。

今、あたなが歯を食いしばって耐えていることなど、

転職した際に「やりたくない」ことを理由付きでリスト化し、明確化。

それを元に、転職活動を進めるとスムーズです。

③仕事の何が嫌なのか考えて、分析してみる

落ち着いて、考える時間をとり、嫌なことを分析してみることも大切です。

分析した結果を、友人などに相談することで、より客観的な意見を貰うと

嫌なことがどの程度のものか、現状把握することができます。

転職は、最終手段で出来ますので、冷静になって考えてみましょう。

まとめ

f:id:nashiblog:20210926204821j:plain

いかがでしたでしょうか。
毎朝、仕事が嫌で、苦痛で、耐えられず泣いてしまう人、
世の中にたくさんに居ると思います。
 
私も、そのひとりでした。
朝を迎えることが嫌で、夜寝るのことすら嫌な日々がありました。
 
もちろん、それが今は「0」になった訳では、ありません。
日々生活していて、学生・社会人関係なく、朝を迎えるのが億劫な日は、
人間誰でもあります。
ただし、毎日そんな辛い状況が続くことは異常な状態ということです。
そこを理解していただいて、少しでも緩和できればと思います。
 
悩み相談のコメントなどあれば、お気軽にどうぞ。